現在位置: 官公庁オークション > 呉市 公有財産売却 > 落札後の注意事項

ここから本文です

呉市

広島県

呉市 公有財産売却 - 落札後の注意事項

権利移転手続き

 入札終了後に呉市が落札者へメールにて,落札物件の区分番号,整理番号,呉市の連絡先などをお知らせします。メールを確認後,できるだけ早く呉市へ連絡し,権利移転手続きについて説明を受けてください。
  1. 1

    売買契約の締結

  2. 売払金納付期限までに

    2

    売払代金の納付

    代金を納付した時点で所有者は落札者に移転します。

  3. 売掛代金納付後

    3

    所有権移転登記手続き

必要な費用

契約締結期限までに
契約保証金 ・ 契約保証金は予定価格の10%以上の納付が必要です。
・ すでに納付済みの入札保証金は,落札者が契約を締結した場合,契約保証金に全額充当します。
収入印紙 売買契約書に貼付する収入印紙代
代金納付期限までに
売払代金の残金 ・ 落札金額−契約保証金額(入札保証金額)
・ 落札金額残金は,呉市の定める売払代金納付期限までに一括で納付していただきます。
登録免許税 不動産登記の際にかかる国税

必要な書類

・登記嘱託請求書
 呉市が代金納付確認後,所有権移転登記をするために必要な書類です。
・売買代金領収証書(コピー)
 売買代金を納付された時に交付される領収証書のコピー
・登録免許税領収証書(原本)
 登録免許税の納付された時に交付される領収証書(原本が必要です。)
・財産受領書
・登記識別情報通知受領書

権利移転の時期と要する期間

権利移転の時期 落札者が売払代金を納付した時点で所有権は落札者に移転します。

重要事項

落札後の権利移転手続きにおける重要な事項です。必ずご確認ください。
危険負担

 落札後,契約を締結した時点で,落札者に公有財産売却の財産にかかる危険負担が移転します。したがって,契約締結後に発生した財産の破損,焼失など呉市の責に帰すことのできない損害の負担は,落札者が負うこととなり,売払代金の減額を請求することはできません。

引き渡し条件

・売却物件は,落札者が売払代金を納付した時点の状況(現況有姿)で引き渡します。
・入札物件の引渡しにおいては,立木の伐採,雑草の草刈,切株の除去及び建築物(設備,内装,外構等を含む。),フェンス,木柵,囲障,擁壁,井戸その他地上・地下・空中工作物の補修・修繕・改修・撤去に係る費用の負担及び調整は,所有権等権利の帰属主体のいかんを問わず,呉市では一切行いません。
・上下水道,電気及び都市ガスなど供給施設の引込みが可能である場合に,既存の埋設管等の補修や新たに敷地内への引込みを要することがありますが,市では,補修や引込み工事の実施,これらに必要な費用の負担,供給処理施設への負担金の支出等は一切行いませんので,建築関係機関及び供給処理施設の管理者等にお問合せの上,各自で対応してください。
・原則として,入札物件に係る地盤,地耐力,磁気探査,地下埋設物,防空壕,土壌汚染およびアスベストなどに関する調査は行っていません。
・入札物件によっては,建築物の建築に当たり,杭打ち,地盤改良等の措置が必要となるケースも想定されますが,すべての入札物件について,地盤・地耐力が保証されているわけではありません。呉市においてそれらの措置を講じたり,それらに係る費用を負担することはできませんので,各自で対応してください。
・物件情報に記載されている内容は,あくまで作成時点におけるものであり,将来的な法令等の施行・改正に伴って生じる新たな規制等に対し,将来に亘って本内容を保証するものではありません。従って,入札物件の購入後,実際に建物の建築等を計画される場合は,当該時点における法令等に基づく各種規制について,落札者自身の責任において再度ご確認をお願いします。
・呉市は,契約者が売買契約の規定に違反したとき,義務を履行しないとき,又は暴力団等に該当したときは,契約者に催告をしないで直ちに売買契約を解除することができることとします。

入札保証金の取り扱い

 落札者は物件情報詳細ページなどに記載された契約締結期限までに,呉市と売却物件の売買契約を締結しない場合,参加申し込み時に納付した入札保証金は没収になります。

契約保証金の取り扱い

・売買契約締結と同時に,入札保証金を全額契約保証金に充当します。
 ただし,売払代金を契約締結時に一括して納付する場合は,契約保証金を納付する必要はありませんので,売払代金の即納を希望される場合は,事前にお申し出ください。
・契約保証金は,物件情報詳細ページ等に記載された売払代金納付期限までに,呉市が売払代金の納付を確認できない場合,没収になります。
・売買契約締結後,落札者が暴力団等に該当するなど,公有財産売却の参加資格を有しないことが判明した場合,売買契約を解除し,契約保証金は没収になります。

使用用途の制限

(1) 落札者は,売買契約の締結の日から10年間,入札物件を暴力団等若しくは法律の規定に基づき公の秩序を害する恐れのある団体等であることが指定されている者の事務所又はその他これに類する用途に供し,また,これらの用途に供されることを知りながら,入札物件の所有権を第三者に移転し,又は,入札物件を第三者に貸してはいけません。
(2) 呉市は,上記禁止用途に関する履行状況を把握し,条件違反を未然に防止するため,必要があると認めるときには,実地調査を実施し,契約者に報告若しくは資料の提出を求めることができるものとします。その場合,契約者は,正当な理由なく実地調査を拒み,妨げ,若しくは忌避し又は報告若しくは資料の提出を怠ってはいけません。
(3) 契約者が,禁止用途に関する特約事項に違反した場合は,売買代金の100分の30に相当する額,実地調査等に関する特約事項に違反した場合は,売買代金の100分の10に相当する額の違約金を呉市に支払っていただきます。

瑕疵(かし)担保責任

 契約締結後,入札物件に隠れた瑕疵が発見された場合には,引渡しの日から2年間に限り,民法(明治29年法律第89号)第570条に規定する担保の責任を負います。

落札後の注意事項に関するお問い合わせ

呉市財務部管財課

メール:kanzai@city.kure.lg.jp 電話:0823-25-3382 受付時間:平日 午前8時30分から午後5時15分