現在位置: 官公庁オークション > 札幌市 公有財産売却 > 落札後の注意事項

ここから本文です

札幌市

北海道

札幌市 公有財産売却 - 落札後の注意事項

権利移転手続き

入札終了後に札幌市が落札された方へ落札者決定メール等をお送りするとともに、後日契約書類等を郵送いたします。
  1. 1

    売買契約の締結

  2. 売払金納付期限までに

    2

    売払代金の納付

    代金を納付した時点で所有者は落札者に移転します。

  3. 売掛代金納付後

    3

    所有権移転登記手続き

必要な費用

契約締結期限までに
収入印紙 契約書に添付する収入印紙の費用です。
札幌市からお渡しする案内書に記載している額面の印紙を契約書(1通のみ)に貼り付けた後、割り印を押してください。
代金納付期限までに
売買代金の残金 落札金額から契約保証金(入札保証金を充当)の額を除いた金額を札幌市がお渡しする納入通知書で納入期限までに指定する金融機関で納めてください。
登録免許税 所有権移転に必要な登録免許税(国税)をお渡しする納付書で納めてください。
なお、納付後、領収証書の原本を札幌市に提出していただきます。

必要な書類

【契約締結までに】
落札者が個人の場合、本籍地の戸籍窓口で発行する身分証明書の提出が必要です。落札者が法人の場合は不要です。

【売買代金の納付後すみやかに】
1 売買代金の領収書(写し)
2 登録免許税の領収証書(原本)
3 物件引受確認書(物件の引き渡しを受けたことを確認する書類)

落札者(落札者が法人の場合は代表者)以外の方が権利移転手続きを行う場合

落札者以外の方が権利移転手続き等を行う場合、委任状が必要となりますので、札幌市に連絡してください。

権利移転の時期と要する期間

権利移転の時期 落札者が売買代金(入札保証金を除いた残金)を納入した時点で所有権は落札者に移転します。
登記手続き完了
までの期間
売買代金の納付を札幌市が確認した後、2週間程度を要します。

重要事項

落札後の権利移転手続きにおける重要な事項です。必ずご確認ください。
危険負担

引き渡し後に当該物件が滅失または毀損した場合、落札者がその責めを負うこととなります。

引き渡し条件

売り払い物件は、引き渡した時点の状況で引き渡します。

入札保証金の取り扱い

落札者が契約締結期限までに契約しない場合、入札保証金は札幌市に帰属します。

契約保証金の取り扱い

契約保証金は入札保証金を充当しますので、追加で支払う必要はありません。
なお、売買代金納入期限までに売買代金の残金を支払わない場合は、契約書の条項により契約を解除いたします。その場合、契約保証金は、札幌市に帰属します。

使用用途の制限

札幌市暴力団の排除の推進に関する条例(平成25年条例第第6号)第2条第1号に定める暴力団その他反社会的団体およびそれらの構成員がその活動のために利用するなど公序良俗に反する用に使用することはできません。
また、物件引渡しの日から5年間、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業その他これらに類する業に使用することはできません。

抵当権等の同時設定について

事前にご融資日をご連絡いただければ、所有権移転の登記(市が作成)と抵当権設定(融資先等で作成)を同時に申請することが可能です。
この場合、ご融資日の1週間前までに担当者へご連絡ください。

契約締結までに申し込み内容を変更(取消)したいとき

「申込変更(取消)届」をご提出ください。
この様式は、札幌市管財課でご用意しておりますが、札幌市ホームページの「各種様式」-「各売払共通様式」からダウンロードすることができますのでご利用ください。
URL:http://www.city.sapporo.jp/kanzai/uriharai/youshiki/youshiki.html

落札後の注意事項に関するお問い合わせ

札幌市財政局管財部管財課利活用担当

メール:kanzai@city.sapporo.jp 電話:011-211-2235 受付時間:9:00〜17:00(土日祝日年末年始等を除く)