現在位置: 官公庁オークション > 寒川町 公有財産売却 > 落札後の注意事項

ここから本文です

寒川町

神奈川県

寒川町 公有財産売却 - 落札後の注意事項

権利移転手続き

  1. 1

    売買契約の締結

  2. 売払金納付期限までに

    2

    売払代金の納付

    代金を納付した時点で所有者は落札者に移転します。

  3. 売掛代金納付後

    3

    所有権移転登記手続き

必要な費用

契約締結期限までに
契約保証金 1.契約保証金は入札保証金の額と同額です。

2.すでに納付済みの入札保証金の全額を、「入札保証金充当申出書」に基づき、契約保証金に充当しますので、新たに契約保証金を納付していただく必要はありません。

3.契約保証金には利子を付しません。
売買契約締結に係る費用 1.落札者は寒川町からメールで送られた「契約保証金充当申出書」を1部、「土地売買契約書」を2部印刷し、必要事項の記入、実印の押印および割印のうえ、寒川町の定める売買契約締結期限までに、寒川町に郵送または持参により提出してください。

2.実印は、入札参加の本申込み時に提出された「印鑑証明書」と同じものを使用してください。

3.契約書の提出などに要する費用(書類の郵送料等)は、すべて落札者の負担となります。
代金納付期限までに
売買代金の残金の納付 1.売買代金の残金 = 落札金額 − 契約保証金額(入札保証金額)
※落札後に売買代金の残金の金額をご連絡します。

2.売買代金の残金は、寒川町の定める売買代金納付期限までに、寒川町が納付の事実を確認できるよう、落札後に連絡する指定の金融機関口座へ、全額を一括で納付してください。

3.売買代金の残金の納付に要する費用(振込手数料等)は、すべて落札者の負担となります。

4.寒川町が売買代金納付期限までに残金全額の一括納付の事実を確認できない場合、契約を解除する場合があります。この場合、事前に納付された契約保証金は寒川町に帰属し、返還しません。なお、納付された金額が、本来納付すべき売買代金の残金よりも多く納付された場合は、その超過した額を返還しますが、この返還額には利子を付しません。

5 売買代金納付期限までに寒川町が一括納付の事実を確認する必要があります。納付の事実を確認できる書類を、ファックスまたはメール(写真添付)でお送りいただく場合もありますので、ご了承ください。

必要な書類

・土地売買契約書…内容を記入し、署名、押印、割印をしたものを2部
・契約保証金充当申出書…内容を記入し、署名押印をしたものを1部

権利移転の時期と要する期間

権利移転の時期 落札者が売買代金の全額を納付した時点で所有権は落札者に移転します。

重要事項

落札後の権利移転手続きにおける重要な事項です。必ずご確認ください。
危険負担

契約の締結日から落札者に物件に係る危険負担が移転します。したがって、契約の締結日以降に発生した物件の破損、焼失等、寒川町の責に帰すことのできない損害の負担は落札者が負うこととなり、売買代金の減額もしくは損害賠償の請求または契約の解除は一切できません。

入札保証金の取り扱い

1 「入札保証金充当申出書」によって、すでに納付していただいた入札保証金の全額を契約保証金に充当します。
1 寒川町が定める契約締結期限までに落札者が契約締結をしない場合、落札者が納付した入札保証金は、寒川町に帰属します。
2 入札保証金には、利子を付しません。

契約保証金の取り扱い

1 「契約保証金充当申出書」の提出をもって、契約保証金の全額を契約保証金に充当します。
2 売買契約締結後、落札者が売買代金の残金を売買代金納付期限までに納付しない場合、契約を解除する場合があります。この場合、契約保証金は寒川町に帰属します。
3 契約保証金には、利子を付しません。

瑕疵担保責任

売買契約締結後、落札者が売却物件にいかなる瑕疵を発見しても、寒川町に対して、売買代金の減額もしくは損害賠償の請求または契約の解除は一切できません。

落札後の注意事項に関するお問い合わせ

寒川町拠点づくり部寒川駅周辺整備事務所

メール:ekisyuu@town.samukawa.kanagawa.jp 電話:0467-74-1111 (内線:721.722) 受付時間:平日の8時30分から17時15分まで