現在位置: 官公庁オークション > 木津川市 公有財産売却 > 落札後の注意事項

ここから本文です

木津川市

京都府

木津川市 公有財産売却 - 落札後の注意事項

権利移転手続き

入札終了後に木津川市から落札者へメールにて、契約締結に関する案内を行います。メールを確認後、できるだけ早く木津川市へ連絡し、権利移転手続きについて説明を受けてください。
  1. 1

    売買契約の締結

  2. 売払金納付期限までに

    2

    売払代金の納付

    代金を納付した時点で所有者は落札者に移転します。

  3. 売掛代金納付後

    3

    所有権移転登記手続き

必要な費用

契約締結期限までに
契約保証金 ・ 契約保証金は予定価格の100分の10です。
・ すでに納付済みの入札保証金を契約保証金に充当することができます。入札保証金充当同意書兼契約保証金充当申出書に必要事項を記入し木津川市まで送付してください。
資料送付のための郵送料 木津川市へ必要な書類を送る場合、郵送料は落札者の負担となります。
必要な場合は書留・速達等を選択してください。
収入印紙 不動産売買契約書に貼付する収入印紙代
代金納付期限までに
売払代金の残金 売払代金の残金は、落札金額から事前に納付した契約保証金(契約保証金に充当した入札保証金)を差し引いた金額となります。
登録免許税 不動産登記の際にかかる国税
登記印紙代 登記済み不動産登記簿謄本交付申請用登記印紙代

ご注意

上記以外に代金振込みの際の振込手数料が必要となります。

権利移転の時期と要する期間

権利移転の時期 公有財産売却の財産は、売払代金の残金を納付したときに権利移転します。
登記手続き完了
までの期間
所有権移転の登記が完了するまで、入札終了後1ケ月半程度の期間を要することがあります。

重要事項

落札後の権利移転手続きにおける重要な事項です。必ずご確認ください。
危険負担

落札後、契約を締結した時点で、落札者に公有財産売却の財産にかかる危険負担は落札者に移転します。したがって、契約締結後に発生した財産の破損、焼失など木津川市の責に帰すことのできない損害の負担は、落札者が負うこととなり、売払代金の減額を請求することはできません。

引き渡し条件

・ 売却物件は、落札者が売払代金を納付した時点の状況(現況有姿)で引き渡します。
・ 落札者が法人の場合、物件情報詳細ページなどの記載内容と実地に符合しない事項が売却物件にあることを発見しても、それを理由として契約の締結を拒んだり、落札の無効を主張したり、売払代金の減額を請求することはできません。
※法人には、事業としてまたは事業のために契約当事者となる個人も含みます。

入札保証金の取り扱い

落札者は物件情報詳細ページなどに記載された契約締結期限までに、実施行政機関と売却物件の売買契約を締結しない場合、参加申し込み時に納付した入札保証金は没収になります。

契約保証金の取り扱い

・入札保証金を契約保証金に充当する(契約保証金の納付に代える)ことができます。
・ 契約保証金は、物件情報詳細ページ等に記載された売払代金納付期限までに、実施行政機関が売払代金の納付を確認できない場合、没収になります。

使用用途の制限

(1)  落札者は、売買物件を次の用途に供することはできません。
ア 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条第1項各号に規定する風俗営業及び同条第5項に規定する性風俗関連特殊営業その他これらに類する用途
イ 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団その他反社会的団体及びそれらの構成員がその活動のために利用するなど公序良俗に反する用途
ウ 無差別大量殺人行為を行った団体に規制する法律第5条に規定する観察処分を受けた団体及びその関係者が使用する用途
エ 公序良俗に違反する用途又は公共の福祉に反する用途
(2)  落札者は売買物件を所有権移転の日から起算して5年間、木津川市の書面による承認を得ないで、当該物件の所有権を第三者に移転することはできません。

移転登記前の使用制限

落札者は、売却物件の所有権移転登記完了前に、売却物件に地上権や貸借権などの使用・収益を目的とする権利を設定したり、当該物件を売買などによる所有権の移転をすることはできません。

権利移転および引渡しについての注意事項

・ 公有財産売却の財産内の動産類やゴミなどの撤去などは、すべて落札者自身で行ってください。
・ 立木の伐採、雑草の草刈、切株の除去、フェンス・囲障・擁壁・井戸など地上・地下・空中工作物の補修・撤去などの負担及び調整は、物件敷地の内外及び所有権等権利の帰属主体のいかんを問わず、一切木津川市では行いません。
・ 上下水道、電気及び都市ガスなど供給処理施設の引込みが可能である場合、既存の埋設管等の補修や新たに敷地内への引込みを要することがありますが、木津川市では補修や引込み工事等の実施、これらに必要な費用の負担、供給処理施設への負担金の支出等は一切行いませんので、建築関係機関及び供給処理施設の管理者等にお問い合わせのうえ、落札者で対応してください。

落札後の注意事項に関するお問い合わせ

木津川市総務部財政課管財係

メール:zaisei@kizugawacity.lg.jp 電話:0774-75-1202 (内線:414) 受付時間:平日8時30分から17時まで