現在位置: 官公庁オークション > 名取市 公有財産売却 > 落札後の注意事項

ここから本文です

名取市

宮城県

名取市 公有財産売却 - 落札後の注意事項

権利移転手続き

入札終了後に名取市が落札者へメールにより手続き方法などをお知らせします。ご確認後、できるだけ早く名取市へ連絡し、権利移転手続きについて説明を受けてください。
  1. 1

    売買契約の締結

  2. 売払金納付期限までに

    2

    売払代金の納付

    代金を納付した時点で所有者は落札者に移転します。

  3. 売掛代金納付後

    3

    所有権移転登記手続き

必要な費用

契約締結期限までに
契約保証金 ・ 契約保証金は落札価格の10%以上の納付が必要です。
・ すでに納付済みの入札保証金を契約保証金とすることができます。その場合、入札保証金のほかに契約保証金を支払う必要はありません。(「契約保証金充当依頼書兼売払代金充当依頼書」に必要事項を記入して名取市まで提出してください)
代金納付期限までに
売払代金の残金 ・ 落札金額−契約保証金額(入札保証金額)
・ 落札金額残金は、名取市の定める売払代金納付期限までに一括で納付する必要があります。なお、納付期限までに名取市が納付を確認できることが必要ですので、領収書の写しをファックスまたはメールにより送信していただく必要があります。

ご注意

上記以外に書類の郵送料、振込手数料が必要になることがあります。

必要な書類 必要な書類の一部は名取市必要書類ダウンロードページからダウンロードできます。

必要な書類の一部は名取市のホームページからダウンロードできます。契約書は、名取市から落札者へ送付いたしますので、内容をご確認のうえ、記名押印し、期限までに契約書送付時にお知らせする返送先へ直接持参または郵送してください。
・保管依頼書
・市有財産(自動車)移転登録書類等書類請求書
・委任状(引渡し時に来庁する人が落札者の代理人の場合のみ)
以下の事項を証明する市町村が発行した身分証明書が必要な場合があります。
・禁治産または準禁治産の宣告の通知を受けていないこと
・後見の登記の通知を受けていないこと
・破産宣告の通知を受けていないこと

権利移転の時期と要する期間

権利移転の時期 落札者が売払代金を納付した時点で所有権は落札者に移転します。

重要事項

落札後の権利移転手続きにおける重要な事項です。必ずご確認ください。
危険負担

契約締結から売却物件引き渡しまでの間に、当該物件が滅失または破損等の被害を受けても、契約解除をすることはできません。また、名取市に対して売払代金の減免や損害賠償等の請求をすることはできません。

引き渡し条件

・ 売却物件は、落札者が売払代金を納付した時点の状況(現況有姿)で引き渡します。
・一度引き渡された当該物件はいかなる理由があっても返品または交換できません。
・名取市が指定する場所において直接引渡します。運搬に要する費用は落札者負担で対応をお願いします。
・引渡しの時に、公有財産(自動車)受領書を名取市に提出してください。
・引渡し及び自動車の登録などに伴う費用は、すべて落札者の負担となります。
・落札された自動車は、一時抹消登録をしておりますので、引渡し後に落札者において車検及び登録手続き等を行い、登録が完了後速やかに車検証等の写しを名取市総務部財政課契約係に提出してください。
・落札者は自動車の引渡しを受けた後、必要に応じ車体文字等の消去を行ってください。消去後速やかに写真を名取市総務部財政課契約係に提出してください。
・自動車を解体した場合については、解体を証明する証明書の写しを提出してください。
・譲渡証明書に記載する譲受人の名義は、落札者本人とし、登録手続き等をしないまま保管しないでください。
・落札者は、落札物件の移転登録前に、その物件にかかる一切の権利義務を第三者に譲渡することはできません。

入札保証金の取り扱い

落札者は名取市が定める契約締結期限までに、名取市と売却物件の売買契約を締結しない場合、参加申し込み時に納付した入札保証金は没収になります。

契約保証金の取り扱い

・ 売買契約締結後、入札保証金を契約保証金に充当します。 (契約保証金の納付に代える)
・ 契約保証金は、名取市が定める売払代金納付期限までに名取市が売払代金の納付を確認できない場合、没収になります。

落札後の注意事項に関するお問い合わせ

名取市役所 総務部 財政課 契約係

メール:keiyaku@city.natori.miyagi.jp 電話:022-724-7156 受付時間:平日 9:00〜17:00