ここから本文です

奈良県広域消防組合

奈良県広域消防組合 公有財産売却 - 落札後の注意事項

権利移転手続き

 入札終了後に行政機関が落札者へメールにて、落札物件の物件番号、整理番号、行政機関の連絡先などをお知らせします。メールを確認後、ご不明な点はできるだけ早く奈良県広域消防組合へ連絡し、権利移転手続きについて説明を受けてください。
  1. 1

    売買契約の締結

  2. 売払金納付期限までに

    2

    売払代金の納付

    代金を納付した時点で所有者は落札者に移転します。

  3. 売掛代金納付後

    3

    所有権移転登記手続き

必要な費用

契約締結期限までに
契約保証金 【契約保証金充当依頼書兼売払代金充当依頼書の提出】

・契約保証金は予定価格の100分の10以上の納付が必要です。
・契約保証金はすでに納付済みの入札保証金を契約保証金として充当します。
・「契約保証金充当依頼書兼売払代金充当依頼書」に必要事項を記載して奈良県広域消防組合まで契約書等と合わせて提出してください。
代金納付期限までに
売却代金の金額 ・売却代金は、落札金額からすでに納付されている契約保証金(契約保証金に充当した入札保証金)を差し引いた金額となります。
売却代金の納付期限 ・売却代金納付期限までに奈良県広域消防組合が指定する銀行口座へ売却代金を一括で納付してください。
・納付期限までに納付が確認できない場合は、事前に納付された契約保証金を没収し、返還しません。

※クレジットカードによる売却代金の納付はできません。

必要な書類

【個人の場合】
 市町村が発行する身分証明書(在留外国人のかたは、成年被後見人・被保佐人でないことを証明する「登記されていないことの証明書」)の原本
 印鑑登録証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)の原本

【法人の場合】
 登記事項証明書(現在事項全部証明書または履歴事項全部証明書)の原本
 印鑑登録証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)の原本

 

重要事項

落札後の権利移転手続きにおける重要な事項です。必ずご確認ください。
危険負担

 契約締結から売却物件引渡しまでの間に、当該物件が奈良県広域消防組合の責に帰すことのできない事由により滅失、またはき損した場合には、損害の負担は落札者が負うこととなり、奈良県広域消防組合に対して売却代金の減免を請求することはできません。

引き渡し条件

・売却物件は、売却代金の納付時の現状のまま引渡します。
・売却物件が自動車の場合、奈良県広域消防組合から一時抹消登録証明書(写)の書類を送付いたします。合わせて公有財産(自動車)移転登録等書類受領書及び公有財産受領書を送付いたしますので、押印のうえ物件の引渡し当日に提出してください。
 なお、引渡しに際し、仮ナンバープレートが必要な場合は、事前に落札者にて準備してください。(すでに一時抹消手続きを行い、ナンバープレートは返納しています。)
・引渡し当日、事前に送付する公有財産(自動車)移転登録等書類受領書及び公有財産受領書を提出していただきます。(公有財産(自動車)移転登録等書類受領書及び公有財産受領書の提出がなければ引き渡しはできません。)
・引渡しおよび自動車の登録などに伴う費用は、すべて落札者の負担となります。

入札保証金の取り扱い

 落札者は物件情報詳細ページなどに記載された契約締結期限までに、奈良県広域消防組合と売却物件の売買契約を締結しない場合、参加申し込み時に納付した入札保証金は没収となります。

契約保証金の取り扱い

・売買契約締結後、入札保証金を契約保証金に充当(契約保証金の納付に代える)します。
・契約保証金は、物件情報詳細ページ等に記載された売却代金納付期限までに、奈良県広域消防組合が売却代金の納付を確認できない場合、没収になります。

落札後の注意事項に関するお問い合わせ

奈良県広域消防組合消防本部 施設管理課

メール:shisetsukanri@naraksk119.jp 電話:0744-26-0119 (内線:134) 受付時間:9時から17時15分(正午から13時、土日祝日を除く)