現在位置: 官公庁オークション > 不動産 > 一戸建て > 北陸 > 物件詳細

ここから本文です

西宮市

兵庫県

入札終了

インターネット公売(入札)

この物件は、入札がありませんでした。

富山県魚津市(土地付建物)

    • 南東側より撮影

    • 見積価額

      1,210,000

      公売保証金額

      200,000円

      参加申込期間

       8月16日13時 0分〜 9月 4日23時 0分締切

      入札期間

       9月10日13時 0分〜 9月17日13時 0分締切

      買受代金納付期限

       9月24日(火)14時30分

  • 出品情報

    行政機関名

    西宮市(入札)

    地域

    兵庫県西宮市

    執行機関名

    西宮市

    実施方法

    入札形式ヘルプ

    見積価額

    1,210,000円

    公売保証金額

    200,000円

    物件の種類

    土地付建物

    物件の所在

    富山県

    区分番号

    31不-4-1

    買受代金納付方法

    • 銀行振込
    • 小切手
    • 郵便為替
    • 直接持参
  • 物件の詳細情報

画像をクリックすると下に大きく表示されます。

南東側より撮影   東側より撮影   南側より撮影   西側より撮影(1階部分)   西側より撮影(上部壁面)
  • 南東側より撮影
  • 東側より撮影
  • 南側より撮影
  • 西側より撮影(1階部分)
  • 西側より撮影(上部壁面)
  • 南東側より撮影

  • 東側より撮影

  • 南側より撮影

  • 西側より撮影(1階部分)

  • 西側より撮影(上部壁面)

基本情報

登記簿の表示

1  所  在:魚津市文化町
  地  番:1788番3
  地  目:宅地
  地  積:1.28

2  所  在:魚津市文化町
  地  番:1856番6
  地  目:宅地
  地  積:45.27

3  所  在:魚津市文化町
  地  番:1856番7
  地  目:宅地
  地  積:85.95

4  所  在:魚津市文化町 1856番地7、1856番地6
  家屋番号:1856番7
  種  類:店舗・倉庫
  構  造:木鉄骨造亜鉛メッキ鋼板葺陸屋根4階建
  床 面 積:1階 86.80屐2階 33.79屐3階 33.79屐4階 17.98

所在地

富山県魚津市文化町1856番7 他

住居表示

富山県魚津市文化町2番17号

交通、最寄駅など

富山地方鉄道本線「電鉄魚津」駅 南東方約160m(道路距離)

所在図

地図を見る

現況

・公売財産1、2、3は、公売財産4の敷地として利用されている。
・公売財産4は、築後50年以上を経過しており老朽化が激しい。現況用途は店舗・居宅であり、平成30年3月28日現在は1階店舗部分の一部を倉庫として第三者が一時使用しているのみで、それ以外は空家状態であり、所有者の荷物が放置されたままとなっている。
・公売財産4の1階南西側部分には地下への出入口が存するが、現地調査では室内荷物等により確認できなかった。ただし、登記情報、建築確認時(昭和42年、平成3年)申請内容、及び魚津市税務課保管の建物平面図より、地下が存する記載は見られない。したがって当該部分はいわゆる「床下収納」程度と推察される。

・公売財産4の各階の利用現況は次のとおりである。
1階:店舗・倉庫
2階:居宅(空家)
3階:居宅(空家)
4階:浴室・倉庫(空家)

土地の情報

土地面積

132.5m²  (登記簿)

土地権利

所有権

地目

宅地

都市計画区域

非線引都市計画区域

用途地域

商業地域

建ぺい率(指定)

80%

容積率(指定)

400%

防火地域

準防火

地勢など

・間口約9.0m、奥行約16.0mのほぼ台形状の三方路地である。
・高低差はおおむね等高である。
・地勢は平坦である。

幅員、接道状況

・東側で幅員約4.2mの市道「文化町中央線(建築基準法第42条1項1号道路)」に接面している。ただし、北方から南方への一方通行である。
・南側に幅員約6.0mの市道「文化町5号線(建築基準法第42条1項1号道路)」があるが、接面していない。
・西側で幅員約1.8mの通路に接面している。

供給処理施設

・上水道供給区域
・公共下水道処理区域
・都市ガス供給区域外

その他土地に関する
物件情報

・公売財産については、魚津市洪水ハザードマップにおいて、浸水深0〜0.5m区域に該当する。
・土壌汚染の有無については現在土壌汚染対策法第3条に規定する有害物質使用特定施設とは認められず、また、同法第4条及び第5条の規定による調査命令は発令されていない。さらに、同法第6条の要措置区域の指定及び同法第11条の形質変更時要届出区域の指定はないことを確認した。水質汚濁防止法の特定施設にも該当しないことを確認した。
・現地の目視調査の結果、地下埋設物に関して特段の問題はない。
・魚津市への調査において埋蔵文化財包蔵地に該当しないことを確認。

建物の情報

延床面積

172.36m²

構造

その他

階建/階

4階建

その他建物に関する
物件情報

・管理状況等は劣る。
・新築年月日は不明であるが、公売財産4は昭和42年9月増築部分、平成3年12月増築部分であり、それ以前の建築部分は除去されているものと推定される。
・現地調査、確認資料等より、公売財産4の1階から4階までは昭和42年建築部分、1階店舗(倉庫)部分は平成3年に建築されたものである。
・公売財産4の室内は老朽化が著しい。特に1階から4階までの室内の天井が破損している。また、電灯等設備関係は陳腐化、老朽化により大部分は取替が必要である。
・公売財産4について、2階・3階の床、畳、壁等も破損しており使用できる状態ではない。トイレは1階、2階の2ヶ所、浴室は4階にあるが、長期間使用された形跡がなく修繕が必要である。屋上コンクリート、防水シートは補修等された形跡がなく下階では雨漏り等が広範囲で確認されるため、早急な修繕が必要である。
・公売財産4について、外壁が複数箇所めくれている。
・公売財産4の1階店舗(現倉庫)の入り口にあるシャッターは施錠されている。平成30年3月28日現在、シャッターの鍵は1階店舗部分の一部を倉庫として一時使用している第三者が管理している。第三者によると、シャッターの鍵は所有者の知人が所有者から預かったものであり、それを又貸しされて現在管理しているとのこと。なお、所有者の知人にも聞き取りを行ったが、シャッターの鍵は所有者と第三者で直接貸し借りされているものであり、特に所有者の知人が関与しているわけではないとのこと。
・所有者、第三者、所有者の知人間において賃貸借契約はないことを聞き取りしている。
・公売財産内の動産等の処理については、所有者より買受人が適宜動産を処分することに同意する内容の同意書の提出あり。
・第三者の動産については順次引き上げ予定と聴取しているが、残置物がある場合は第三者と協議すること。
・建築時期、構造等より、アスベスト含有吹付材等が使用されている可能性は否定できない。
・PCBについて、現地調査時において存在は確認されなかった。また過去の建物用途・利用状況から判断して、PCBの存する可能性は低い。
・耐震性について、新耐震基準に適合していない可能性が高い。建物の継続利用には耐震診断を行った上、耐震工事を行うことが望ましい。

PDFファイル

見取り図

見取り図などのダウンロードはこちら(PDFファイル)

Adobe Readerダウンロード PDF文書をご覧いただくには、閲覧ソフトウエアのAdobe Reader(無料)が必要です。左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
※お使いのブラウザの種類、バージョンによっては、ページの最後まで正しく表示されない場合があります。

■■下見会について■■
注意事項西宮市では現地の下見会を行わず、現地への職員の同行もいたしません。現地確認等は買受希望者においてお願いします。



■■公売保証金の納付について■■
クレジットカードによる納付(本申込)クレジットカードで納付いただいた公売保証金は、落札後引き落としされ、買受代金の一部に充当されます。
落札できなかった場合や入札に参加しなかった場合は、公売保証金は引き落としされません。
公売保証金納付期限
【クレジットカード(本申込)】
令和元年9月4日(水)午後11時(公売参加申込期間終了時)
銀行振込による納付(仮申込)下記「問い合わせ先」へ連絡し、振込先の金融機関の預金口座を確認してください。
振込後、以下の書類を西宮市まで提出(簡易書留による郵送)してください。
『公売保証金納付申込書兼返還請求書』(※書式は『インターネット公売関係帳票ダウンロード 』に掲載しています)
提出期限:令和元年9月5日(木)午後5時30分(期限内必着でお願いします)
銀行振込での公売保証金納付及び『公売保証金納付書兼返還請求書』の提出を確認した後に、仮申込者に入札参加資格を付与します。
銀行振込で納付いただいた公売保証金は、買受代金の一部に充当されます。
落札できなかった場合や入札に参加しなかった場合は、公売保証金は返還されます。
落札されたにもかかわらず、買受代金納付期限までに買受代金が納付されない場合は、公売保証金は没収となります。
公売保証金納付期限
【銀行振込(仮申込)】
令和元年9月5日(木)午後3時(期限厳守でお願いします)
※西宮市が期限までに納付(銀行振込)の確認ができない場合、参加申込みは認められません。
注意事項公売保証金納付は『クレジットカード』、『銀行振込』に限らせていただきますので、執行機関へ直接持参したり、現金書留等での郵送による納付はできません。
落札されたにもかかわらず、買受代金納付期限までに買受代金が納付されない場合は、公売保証金は没収となります。




■■公売参加に当たっての提出書類について■■※提出書類は原則返還いたしません
買受希望者が個人で本人が手続を行う場合【公売保証金納付がクレジットカード】
公売参加申込に必要な提出書類はありません。
【公売保証金納付が銀行振込】
次の書類を提出してください。
・住民票の写し等(本人確認書類)
・公売保証金納付書兼返還請求書
買受希望者が法人の場合【公売保証金納付がクレジットカード】
次の書類を提出してください。
・商業登記簿謄本等(法人の本人確認書類、法人代表者の資格確認書類)
・住民票の写し等(法人代表者の本人確認書類) 
【公売保証金納付が銀行振込】
次の書類を提出してください。
・商業登記簿謄本等(法人の本人確認書類、法人代表者の資格確認書類)
・住民票の写し等(本人確認書類)
・公売保証金納付書兼返還請求書
買受希望者が共同買受申込者の場合次の書類を提出してください。
・共同入札代表者の届出書兼持分内訳書
・代表者以外の共同申込者全員から代表者に対する委任状及び印鑑証明書
・共同申込者全員の住民票の写し等(本人確認書類)
・公売保証金納付書兼返還請求書(銀行振込の場合)
代理人が買受申込手続きを行う場合上記に記載の買受希望者の本人確認書類等及び次の書類を提出してください。
・代理人の住民票の写し等(代理人の本人確認書類)
・委任状及び印鑑証明書
・公売保証金納付書兼返還請求書(銀行振込の場合)
各提出書類の様式インターネット公売関係帳票ダウンロード
各書類の提出期限:令和元年9月5日(木)午後5時30分(期限内必着でお願いします)




■■買受代金の納付について■■
買受代金落札価格−公売保証金
買受代金納付期限令和元年9月24日(火) 午後2時30分
注意事項入札期間終了後、落札者に対して西宮市より納付方法等を記載したメールを送付しますので、その案内に従い納付してください。
期限までに執行機関が納付を確認できるように、一括で納付してください。
期限までに納付が確認できない場合、公売保証金は没収となります。
期限までに、故意に買受代金の納付をしない買受人は、国税徴収法第108条の規定により、次回公売の参加を制限する場合があります。




■■公売財産の引渡しについて■■
引渡し条件買受代金納付時の現況有姿で引き渡します。
財産の引渡しは、代金納付後・売却決定日(令和元年9月24日(火))以降となります。
執行機関は、公売財産の引渡し義務を負わないため、使用者又は占有者に対して明渡しを求める場合や前所有者からの鍵等の引渡し、不動産内にある動産の処理などはすべて買受人の責任において行うことになります。
土地の境界については隣接地所有者と、接面道路(私道)の利用については道路所有者とそれぞれ協議してください。
注意事項執行機関は瑕疵(かし)担保責任を負いません。
買受代金を納付したときに、危険負担は買受人に移転します。したがって、その後に発生した財産の破損、盗難及び焼失などによる損害の負担は、買受人が負うことになります。
落札した公売物件は、いかなる理由があっても返品や交換及び苦情等は受け付けません。
公売財産によっては、公売手続きを中止する場合があります。
権利移転に要する費用は買受人負担となります。買受代金納付後、速やかに執行機関へ所有権移転の請求をするとともに、権利移転に伴う費用(登録免許税等)を負担してください。




西宮市インターネット公売の詳細は西宮市公売案内のホームページ 西宮市インターネット公売ガイドライン をご覧ください。
西宮市インターネット公売の手続きに関するお問い合わせ先0798−35−3274(平日午前9時から午後5時30分まで)



物件に関するお問い合わせ先

西宮市 総務局 税務部 納税課 公売担当

メール:koubai@nishi.or.jp 電話:0798-35-3274 受付時間:平日午前9時から午後5時30分まで