ここから本文です

岡山市

岡山県

入札終了

インターネット公売(せり売)

羽織 桃色 花柄

保証金不要
    • 落札価額

      最高額入札者

      -

      入札件数

      0入札履歴

      参加申込期間

       7月 3日13時 0分〜 7月20日23時 0分締切

      入札期間

       7月28日13時 0分〜 7月30日23時 0分締切

      買受代金納付期限

       8月 7日(金)14時30分

  • 出品情報

    行政機関名

    岡山市(せり売)

    地域

    岡山県岡山市

    執行機関名

    岡山市

    実施方法

    せり売形式ヘルプ

    見積価額

    7,000円

    公売保証金額

    公売保証金なし

    数量(売却区分)

    1

    区分番号

    3−10

    買受代金納付方法

    • 銀行振込
    • 郵便為替
    • 直接持参

画像をクリックすると下に大きく表示されます。

物件画像   物件画像   物件画像   物件画像   物件画像
物件画像   物件画像   物件画像   物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
羽織 桃色 花柄

 最も一般的な着物のアウターと言えば、羽織。
元来、羽織は男が着用するものでしたが、江戸時代に粋の真骨頂であった深川芸者が着はじめました。
羽織の丈は流行によって長さが変わります。戦前は長め、戦後は短め、現在はやや長めのものが多いようです。 膝下まで長さがあるものを長羽織と呼びます。

 <季節>
羽織は10月から翌年4月頃まで着用します。羽裏の楽しみもこの時期ですね!
羽裏の無い単衣の羽織、レース編みなど透けている羽織は5月〜9月頃まで。夏の間のホコリよけや、冷房が寒すぎる時に便利。見た目にも涼しさを演出させるだけでなく、上品な装いに見せてくれます。

 <TPO>
羽織はお洋服で言うところのカーディガンのようなもので、室内でも着用していても問題はありません。
丈が短いとカジュアル感があります。

長羽織は丈が長いぶん、エレガントでセミフォーマル的な印象があります。室内だと屈んだり、座ったりする時に羽織の裾を踏みやすいので、室内では脱いだほうが良いですね。

羽織は女性の正装ではありませんが、江戸小紋などに紋付の羽織を着用すると略礼装になります。 着物姿が当たり前の時代、黒の紋付の羽織はお母さんが子供の入学式によく着用していました。

物件に関するお問い合わせ先

岡山市 収納課特別滞納整理係

メール:koubai@city.okayama.lg.jp 電話:086-803-1147 (内線 4212) 受付時間:月〜金曜日の開庁日 9時〜17時