ここから本文です

東京都

入札終了

インターネット公売(せり売)

第N0232号 プレジャーモーターボート AZIMUT

    • 前方(右斜め前から)

    • 落札価額

      最高額入札者

      -

      入札件数

      0入札履歴

      参加申込期間

       8月16日13時 0分〜 9月 4日23時 0分締切

      入札期間

       9月10日13時 0分〜 9月12日23時 0分締切

      買受代金納付期限

       9月20日(金)14時30分

  • 出品情報

    行政機関名

    東京都(せり売)

    地域

    東京都

    執行機関名

    東京都中央都税事務所

    実施方法

    せり売形式ヘルプ

    見積価額

    38,800,000円

    公売保証金額

    7,760,000円

    数量(売却区分)

    1

    区分番号

    第N0232号〈平成31年度 公告第13号)

    買受代金納付方法

    • 銀行振込
    • 小切手
    • 郵便為替
    • 直接持参

画像をクリックすると下に大きく表示されます。

前方(右斜め前から)   仝緤(左斜め後ろから)後方(右斜め後ろから)8緤   〜ゼ麌分(左側から)∩ゼ麌分(2階から)2階(船首側)2階(船尾側)   1階∩狢票辞Aゼ爾慮悪ぅ┘鵐献鵑慮   .▲錙璽瓠璽拭(左)↓アワーメーター(右)
/下次蔽浪1階手前側)⊃瀚   /下次蔽浪1階奥側)↓水漏の跡と思われる汚れ   .肇ぅ譟Ε轡礇錙次蔽浪1階手前側)↓トイレ・シャワー(地下1階奥側)   .┘鵐献鵐襦璽狷口 ↓ぅ┘鵐献鵐襦璽狷睇   ‐型船舶登録原簿∩デ検査証書ちデ検査手帳
  • 前方(右斜め前から)
  • 仝緤(左斜め後ろから)後方(右斜め後ろから)8緤
  • 〜ゼ麌分(左側から)∩ゼ麌分(2階から)2階(船首側)2階(船尾側)
  • 1階∩狢票辞Aゼ爾慮悪ぅ┘鵐献鵑慮
  • .▲錙璽瓠璽拭(左)↓アワーメーター(右)
  • /下次蔽浪1階手前側)⊃瀚
  • /下次蔽浪1階奥側)↓水漏の跡と思われる汚れ
  • .肇ぅ譟Ε轡礇錙次蔽浪1階手前側)↓トイレ・シャワー(地下1階奥側)
  • .┘鵐献鵐襦璽狷口 ↓ぅ┘鵐献鵐襦璽狷睇
  • ‐型船舶登録原簿∩デ検査証書ちデ検査手帳
  • 前方(右斜め前から)

  • 仝緤(左斜め後ろから)後方(右斜め後ろから)8緤

  • 〜ゼ麌分(左側から)∩ゼ麌分(2階から)2階(船首側)2階(船尾側)

  • 1階∩狢票辞Aゼ爾慮悪ぅ┘鵐献鵑慮

  • .▲錙璽瓠璽拭(左)↓アワーメーター(右)

  • /下次蔽浪1階手前側)⊃瀚

  • /下次蔽浪1階奥側)↓水漏の跡と思われる汚れ

  • .肇ぅ譟Ε轡礇錙次蔽浪1階手前側)↓トイレ・シャワー(地下1階奥側)

  • .┘鵐献鵐襦璽狷口 ↓ぅ┘鵐献鵐襦璽狷睇

  • ‐型船舶登録原簿∩デ検査証書ちデ検査手帳


 小型船舶登録原簿による表示
船舶の種類汽船
船籍港東京都江東区
船舶の長さ11.58m
船舶の幅4.14m
船舶の深さ2.40m
総トン数13トン
船体識別番号XAX43402J506
推進機関の種類及び型式船内機等

 船舶検査証書による表示
船種汽船
船舶検査済票の番号第235−51391号
船籍港又は定係港東京都江東区
総トン数又は船舶の長さ13トン(11.58メートル)
用途プレジャーモーターボート
航行区域又は従業制限沿海区域
ただし、
(1)千葉県太東埼から135度に引いた線と、神奈川県真鶴岬を経て、静岡県御前埼灯台から150度に引いた線の間における本州の海岸から20海里以内の水域、千葉県野島埼灯台から北緯33度50分13秒、東経139度40分49秒の地点まで引いた線、同地点から北緯33度50分13秒、東経139度34分49秒の地点まで引いた線、同地点から静岡県御前埼灯台まで引いた線及び本州の陸岸により囲まれた水域、同県御前埼灯台から150度に引いた線と、東京都式根島南端から三重県沢埼まで引いた線及び本州の海岸から20海里の線により囲まれた水域における本州の海岸から25海里以内の水域、
(2)本州、北海道、四国及び九州並びにこれらに附属する島でその海岸が沿海区域に接するものの各海岸から5海里以内の水域、並びに、
(3)船舶安全法施行規則第1条第6項の水域に限る。
最大とう載人員(1)旅客 12人
(2)船員 3人
(3)その他の乗船者 0人
(4)計 15人
有効期限 平成32年(令和2年)7月2日まで

 船舶検査手帳による表示
船体船質       FRP
検査済票の番号  第235−51391号
長さ(LR)   11.58m
船の長さ(L)  11.58m
幅(BR)    4.14m
船の幅(B)   4.14m
深さ(DR)   2.40m
船の深さ(D)  2.40m
全長       12m以上14m未満
総トン数     13トン
製造者名     AZIMUT YACHTS
製造者型式    AZIMUT 43
製造番号     XAX43402J506
船体識別番号   XAX43402J506
機関(1)主機
 ア 機 関 の 種 類   船内機
 イ 製 造 者 名     カミンズ社
 ウ 製造者型式     QSB5.9-380HO
 エ 製造番号      46627303
 オ 連続最大出力    280.00KW 380. 7PS
 力 連続最大回転数   3 0 0 0rpm
(2)主機
 ア 機 関 の 種 類   船内機
 イ 製 造 者 名     カミンズ社
 ウ 製 造 者 型 式   QSB5.9-380HO
 エ 製 造 番 号     46466114
 オ 連続最大出力    280.00KW 380.7PS
 力 連続最大回転数   3 0 0 0rpm
軸系(1)プロペラ軸
 ア 材料 SUS
 イ 径  48.0mm
法第4条の無線電信等不要
検査の時期及びその執行の記録(1)検 査 の 種 類:第1回定期検査
  記 事:新適
  検査執行年月日及び事務所:平成26年7月3日 横浜支部
(2)検 査 の 種 類:第一種中間審査
  検 査 の 時 期:平成29年4月2日から平成29年10月2日まで
  検査執行年月日及び事務所:平成29年12月20日 東京支部
(3)検 査 の 種 類:第2回定期検査
  検 査 の 時 期:平成32年(令和2年)4月2日から平成32年(令和2年)7月2日まで
無線電信等の施設の免除に関する記事船 舶 情 報
 ・第1回定期検査:平成26年7月3日新適
 ・F B 定 員:12人
 ・本船に設置されている船灯(マスト灯、船尾灯及び白灯はHellamarine社製2984シリーズであり、また、舷灯は同社製NaviLED PROである。)は基準適合性の確認された物件である。
 ・本船は、沿岸小型船舶の設備のうち小型船舶用火せん1個の代替物として携帯電話の備付けを認めた。

 船舶安全法で定める法定備品のうち、確認できたもの
係船索2本、アンカー1個、アンカーチェーン1本、救命胴衣5着、子ども用救命胴衣2着、救命浮環(浮輪)1個、小型船舶用信号紅炎2個、小型船舶用火せん2個、無線機器1個、小型船舶用粉末消火器1個、ビルジポンプ1台、汽笛1個、双眼鏡1個、コンパス1個、両色灯1対、船尾灯1個、停泊灯1個、海図1式、工具1式
※令和元年6月7日に係留地にて東京都中央都税事務所職員が目視により確認。なお、各備品の劣化、破損等の状況及び上記に記載のない事項については未確認である。

船体の概要
1 主機動作状態:可動(令和元年7月22日確認)
2 保 管 状 況:係留(令和元年7月22日確認)
3 船体の状況:経年により船体内部及び外部ともに劣化あり。(令和元年7月22日確認)
4 引渡時保管場所:東京夢の島マリーナ(東京都江東区)
5 引 渡 場 所:東京夢の島マリーナ(東京都江東区)

 その他
1 エンジンの鍵2個及び船室の鍵1個あり。
2 喫水線より下の状況は未確認である。
3 最後にエンジンの稼働を行ったのは、令和元年7月22日である。
4 令和元年7月17日時点で、アワーメーターに以下の表示あり。
 (1)操縦席左側: 「VOLTS 26.4 HOURS 531」
 (2)操縦席右側: 「VOLTS 26.3 HOURS 621」
           「WATER IN FUEL」
5 寝室の壁に、水漏れの跡と思われる汚れが数か所あり。
6 所有者(以下「甲」という。)からの口頭での申立(令和元年6月7日及び同年6月13日聴取)によると、以下のとおりである。
 (1)購入時期は、約3年前と記憶している。
 (2)巡航速度は平均約22から23ノット、最高速度は約25から26ノットであるが、天候の状況等によって変動する。
 (3)エンジン等の改造は行っていない。
 (4)メンテナンスについては、以下のとおりである。
  ア エンジン掛け及び貝取りは、夏場であれば週に1回ほど行っている。
  イ バッテリーの充電は、自動で行われている。
  ウ ビルジ清掃は、自動で行われている。
 (5)燃料の油種は軽油で、容量は本来約1, 200Lだが現在は約800Lしか入らず、令和元年6月7日時点での残余量は約500Lから600Lである。
7 公売財産内に動産類があるが、これらは公売対象外である。甲からの書面での申立(令和元年6月7日付)によると、公売により公売財産の所有権が買受人へ移転した時は、当該動産類の所有権を放棄し、買受人が適宜処分することに同意する、とのことである。
※ 上記事項は東京都中央都税事務所職員が目視・測定等により確認できた事項のみであり、正確な内容を保証するものではなく、またすべての財産状況を確認しているわけではない。


インターネット公売における出品物の取扱いについて
東京都インターネット公売では、個々の出品物について次のような取扱いを行い、出品適正化に努めています。
(1)オークション運営管理者(ヤフー株式会社)の定めるガイドラインに則り、出品しています。
(2)公的機関又は民間の精通事業者等の意見を徴し、出品及び見積価額の参考としています。
(3)掲載している画像は、著作権法に準拠した画素数になっています。

 下見会のご案内
会   場東京夢の島マリーナ(東京都江東区夢の島3−2−1) ⇒ 地図はこちら
日   時令和元年8月30日(金)14時00分から15時00分まで
※悪天候等により実施できない場合は、9月2日(月)14時00分から15時00分に行います。
 8月30日(金)または9月2日(月)の実施の有無については、「物件に関するお問い合わせ先」までご確認ください。
注 意 事 項下見会以外に財産をご覧になる機会はありませんので、お気軽にご連絡ください。
下見会を希望される方は、事前に下記「物件に関するお問い合わせ先」までご連絡ください。
なお、集合場所は東京夢の島マリーナのマリンセンター、アトリウム前になります。

 公売保証金の納付について 
納 付 方 法・クレジットカード
※入札者等(入札者等が法人の場合は当該法人代表者、公売参加手続きを委任する場合はその代理人)名義のクレジットカード(一部のカードを除く)
※デビットカードもご利用いただけますが、公売保証金を返還する場合、期間を要することがあります。
・指定する口座への振込
※振込による手続きについての詳細はこちらをご覧ください。
・郵便為替(発行の日から起算し、175日を経過していないもの)の送付
・現金(東京及び横浜手形交換所管内の銀行が振り出した小切手を含む。ただし、振出の日から起算して8日を経過していないもの)
納 付 期 限令和元年9月4日(水)23時 (公売参加申込期間終了時)

 公売財産の引渡について ※落札後の手続きについては、登録自動車の手続きに準じます。登録自動車の手続きについての詳細はこちらをご覧ください。
引 渡 条 件船舶及び装備は、買受代金納付時の現況有姿により引き渡します。
財産の引き渡しは、売却決定日(令和元年9月20日(金))以降であって代金納付後となります。
執行機関は、公売財産の輸送等は行いません。
買受人は、自己の責により係留場所を確保し、買受後にかかる一切の行為、手続等(船舶検査及び回航等による船舶の移動等)を行い、その費用を負担してください。
所有権移転手続きに際してかかる手数料は買受人の負担とします。
東京夢の島マリーナの係留区画の使用については、所有者及び東京夢の島マリーナとの協議が必要です。
所有権移転後から買受人の確保した係留場所への搬出までの期間については、公売対象財産の現係留地にかかる区画利用料を原則買受人が負担します。詳細については甲との協議が必要です。区画利用料の金額については、東京夢の島マリーナにご確認ください。
※登録自動車との相違は、以下のとおりです。
1 権利移転登録は、登録嘱託の方法により行います。移転登録の手続きとあわせて、船舶検査証書の書き換えも行います。
2 「3 必要書類の提出」について
 ・(1)オ、カ、キ、クは不要です。
 ・(1)エの所有権移転登録請求書は、落札者又はその代理人等へ送信するメール等によりお送りしますので、そちらにご記入の上、公売担当部署に提出してください。
 ・外国に存する法人が買い受けた場合、別途資料の提出を求める場合があります。
 ・郵便切手は1,900円程度です。
 ・日本小型船舶検査機構に権利移転の登録手数料(2,950円)を振り込み、振り込んだ際に金融機関で受け取った振込金受取書その他の登録手数料の日本小型船舶検査機構への振り込みが確認できる書類を、公売担当部署に提出してください。
3 「4 公売物件の引渡・登録移転」
 ・(3)、(4)は適用しません。
 ・(6)の保管依頼書は、別名・別様式のものを落札者又はその代理人等へ送信するメール等によりお送りしますので、そちらにご記入の上、公売担当部署に提出してください。
 ・差押抹消登録・移転登録等の嘱託は、原則、郵送にて行います。
 ・売却決定通知書(正本)は所有権移転等の登録の際に必要な場合がありますので、公売担当部署で一度お預かりすることがあります。お預かりした売却決定通知書は、登録完了後にお返しします。
注 意 事 項執行機関は瑕疵(かし)担保責任を負いません。
買受代金を納付したときに、危険負担は買受人に移転します。
したがって、その後に発生した財産の破損、盗難及び焼失などによる損害の負担は、買受人が負うことになります。
いかなる理由があっても、引き渡した財産の返品・交換はできません。


 買受代金の納付について
買 受 代 金落札価額−公売保証金
代金納付期限令和元年9月20日(金)14時30分
注 意 事 項期限までに執行機関が納付を確認できるように、一括で納付してください。
期限までに納付が確認できない場合、公売保証金は没収となります。
期限までに、故意に買受代金の納付をしない買受人は、以後2年間、東京都の公売に参加することができません。

東京都インターネット公売に関する様式のダウンロード
必要書類はこちらからダウンロードし、印刷してください。

東京都インターネット公売の手続に関するお問い合わせ先
インターネット公売専用電話   03-5388-3027 (平日9時から17時まで)

※都税などの納付により、予告なく公売を中止することがあります。あらかじめご了承ください。
※公売参加申し込みを行う際には、住民登録などをされている住所、氏名(法人の場合は、商業登記簿などに登記されている所在地、名称、法人代表者氏名)を登録してください。


物件に関するお問い合わせ先

東京都千代田都税事務所  徴収課公売班

電話:03-3252-7158 受付時間:平日午前9時から午後5時まで