現在位置: 官公庁オークション > 不動産 > 土地 > 近畿 > 物件詳細

ここから本文です

和歌山県

入札終了

インターネット公売(入札)

この物件は、入札がありませんでした。

南紀白浜 椿温泉 宅地52坪 (袋地のため接道なし)

    • 全景

    • 見積価額

      738,000

      公売保証金額

      80,000円

      参加申込期間

       8月16日13時 0分〜 9月 4日23時 0分締切

      入札期間

       9月10日13時 0分〜 9月17日13時 0分締切

      買受代金納付期限

       9月24日(火)14時 0分

  • 出品情報

    行政機関名

    和歌山県(入札)

    地域

    和歌山県

    執行機関名

    和歌山県紀南県税事務所

    実施方法

    入札形式ヘルプ

    見積価額

    738,000円

    公売保証金額

    80,000円

    物件の種類

    宅地

    物件の所在

    和歌山県

    区分番号

    紀南第1号(令和元年度公売公告第10号)

    買受代金納付方法

    • 銀行振込
    • 直接持参
  • 物件の詳細情報

画像をクリックすると下に大きく表示されます。

全景   側溝   海岸堤防正面1   海岸堤防側面   南側
西側1   北側1   東側   北側塀倒壊
  • 全景
  • 側溝
  • 海岸堤防正面1
  • 海岸堤防側面
  • 南側
  • 西側1
  • 北側1
  • 東側
  • 北側塀倒壊
  • 全景

  • 側溝

  • 海岸堤防正面1

  • 海岸堤防側面

  • 南側

  • 西側1

  • 北側1

  • 東側

  • 北側塀倒壊

基本情報

登記簿の表示

(土地の表示)
 所 在 西牟婁郡白浜町椿字椿
 地 番 1055番11
 地 目 宅地
 地 積 172.53

所在地

和歌山県西牟婁郡白浜町椿字椿1055番11

交通、最寄駅など

JR西日本
・新大阪駅から紀勢本線特急で白浜駅まで約2時間30分
 JR白浜駅よりJR紀伊日置駅行きの路線バスで最寄りの椿口バス停まで約20分
 椿口バス停からは徒歩約5分
・乗用車
 大阪市(阪神高速梅田出入口)から高速道路で紀勢自動車道南紀白浜出
 入口まで約2時間20分、そこから一般国道42号南進約15分
・航空機
 東京羽田空港から南紀白浜空港まで約1時間20分
 南紀白浜空港からレンタカーまたはタクシーで約20分

所在図

地図を見る

現況

 有名観光地白浜温泉の南約10辧閉樟距離)に位置する椿温泉街に所在するが、近年、宿泊客減少が著しく周辺宿泊施設の廃業が相次いでおり、観光業は衰退している。

土地の情報

土地面積

172.53m²  (登記簿)

土地権利

所有権

地目

宅地

都市計画区域

区域外

用途地域

指定無し

日影規制

指定無し

その他法令などの規制

宅地造成工事規制区域
景観計画区域
津波災害警戒区域
土砂災害警戒区域
土砂災害特別警戒区域
急傾斜地崩壊危険区域

地勢など

公売財産は枯木灘海岸に隣接する間口9.0m、奥行19.0mの長方形の整形地である。
南側は白浜漁協の用悪水路、西側は枯木灘海岸、北側と東側はヴィラ椿2号館の区分所有権者の所有地に囲まれた無道路地であり、凹凸のない平坦地で東側の町道椿海岸線と対比するとやや下がっている。
西側は高6.0m、長9.0m、幅1.6mのほぼ垂直のコンクリート製堤防となっている。

幅員、接道状況

公売財産は町道椿海岸線には接しておらず無道路地であるため、公売財産への通行及び水道管・電線の引き込みには囲繞地の管理者であるヴィラ椿2号館管理組合法人の同意が必要である。

その他土地に関する
物件情報

土壌汚染に関する専門的な調査は行っていない。埋蔵文化財包含地の指定はない。
敷地の埋設物、埋没物等の有無については確認していない。
平成30年9月4日に台風第21号が接近した際には、気圧低下による海面上昇と暴風により発生した高波が海岸堤防を越波し、公売財産内のブロック塀の一部を破壊し、その瓦礫が敷地内外に散乱している。
公売財産の下見会は実施しない。
公売財産の関係公簿、諸規制等の調査確認は買受希望者が行うこと。

建物の情報

その他建物に関する
物件情報

(建物の有無)建物は存在しない。
(床面)コンクリート舗装がなされているが、経年劣化による亀裂及び剥離等の破損箇所が散見される。
(ブロック塀・側溝)南側塀 長13.4m、高2.2〜2.5m、厚0.2m 西側塀 長8.9m、高0.2〜2.2m、厚0.2m 北側塀 長13.5m、高0.2〜0.8m、厚0.2m 台風21号の高波により西側塀の北寄り部分5.6mと北側塀の西寄り部分6.1mが倒壊した。側溝 長9.0m、深0.2m、幅0.2m 排水部分は土砂により埋没している。
(海岸堤防)海面からの高6.0m、長9.0m、幅1.6mのコンクリート製堤防であるが、風波による浸食と経年劣化により、堤防本体への亀裂、表面コンクリートの剥離等が散見される。堤防基礎部分は海中に設置されており浸食・劣化等の状況は不明である。なお、海岸堤防自体が公売財産のため、補修等の工事費用は買受人の負担となる。

PDFファイル

見取り図

見取り図などのダウンロードはこちら(PDFファイル)

Adobe Readerダウンロード PDF文書をご覧いただくには、閲覧ソフトウエアのAdobe Reader(無料)が必要です。左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
※お使いのブラウザの種類、バージョンによっては、ページの最後まで正しく表示されない場合があります。
【公売財産の引渡等】
・公売財産に隠れた瑕疵があっても、和歌山県紀南県税事務所(以下、「甲」という。)に瑕疵担保責任は生じない。
・公売財産の関係公簿、諸規制等の調査確認は買受希望者が行うこと。
・甲は公売財産の引渡の義務を負わない。甲は不動産登記簿上の権利移転のみを行い、公売財産内の動産類やゴミ等に係る前所有者との協議、占有者に対しての明渡請求、破損箇所の修繕等は全て買受人(以下、「乙」という。)の負担となる。
・公売財産の取得時期は甲に買受代金の納付があったときである。所有権の移転は買受代金納付時の現況有姿で行う。また、公売財産に係る危険負担はそのときをもって乙に移転する。したがって、その後に発生した財産の破損、盗難及び焼失などによる損害の負担は乙が負うことになる。
・公売財産の権利移転に伴い不動産登記を要するので、乙は登録免許税の額に相当する印紙または金融機関で登録免許税を納付した際の領収証書を甲に提出する必要がある(登録免許税法第23条)。また、登記の嘱託書の郵送料金等の前払いが必要である。
・乙が取得時・取得後に負担すべき税額等の概算は下記のとおり
 1 登録免許税 (取得時1回 約2万7千円)
 2 不動産取得税 (取得時1回 約5万4千円)
 3 固定資産税 (取得後毎年 約1万3千円)  
・その他、本件公売は国税徴収法の規定に基づく制限がある。

【公売保証金】
・納付方法と納付期限
 クレジット納付 令和元年9月4日(水)23時00分 公売場所に同じ
 銀行振込 令和元年9月4日(水)14時00分 紀南県税事務所指定口座
 現金持参 令和元年9月4日(水)17時00分 紀南県税事務所窓口

【買受代金】落札金額−公売保証金額
・納付方法と納付期限
 銀行振込 令和元年9月24日(火)14時00分 紀南県税事務所指定口座
 現金持参 令和元年9月24日(火)14時00分 紀南県税事務所窓口

【注意事項】
・乙は上記期限までに甲が買受代金の納付を確認できるように一括納付をすること。
・上記期限までに甲が買受代金の納付を確認できない場合は、公売保証金は没収となる。
・上記期限までに、故意に買受代金を納付しない買受人は、以後2年間、甲の実施する公売に参加することができない。
・ 公売財産に係る県税の完納の事実が買受代金の納付前に証明されたとき、買受代金が納付期日までに納付されないとき、買受代金納付後であっても取り消すべき重大な事由があるときは、その売却決定は取り消される。
・その他の注意事項は「公売公告兼見積価格公告」及び「和歌山県(入札)インターネット公売ガイドライン」で確認すること。

【和歌山県インターネット公売の手続きに関するお問い合わせ先】
 和歌山県税務課 073−441−2183(平日の午前9時00から午後5時45分まで)


物件に関するお問い合わせ先

紀南県税事務所 納税課 公売担当

電話:0739-26-7964 受付時間:平日9時00分〜17時45分