現在位置: 官公庁オークション > 不動産 > 一戸建て > 信越 > 物件詳細

ここから本文です

東京国税局

入札中

インターネット公売(せり売)

【東京局1589−2】長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字離山の土地付建物

    • 現在価額

      2,000,000

      Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方

      閉じる

      最高額入札者

      -

      残り時間

      2日

      入札件数

      0入札履歴

      参加申込期間

       2月 2日13時 0分〜 2月13日17時 0分締切

      入札期間

       2月23日13時 0分〜 2月26日13時 0分

      買受代金納付期限

       3月13日(火)14時 0分

  • 出品情報

    行政機関名

    東京国税局

    地域

    千葉県・東京都・神奈川県・山梨県

    執行機関名

    東京国税局

    実施方法

    せり売形式ヘルプ

    見積価額

    2,000,000円

    公売保証金額

    200,000円

    物件の種類

    土地付建物

    物件の所在

    長野県

    区分番号

    東京局1589−2

    買受代金納付方法

    • 銀行振込

画像をクリックすると下に大きく表示されます。

物件画像   物件画像   物件画像   物件画像   物件画像
物件画像   物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像
  • 物件画像

基本情報

登記簿の表示

1 所在   長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字離山
  地番   1375番93
  地目   宅地
  地積   1,005.86
  
2 所在   長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字離山1375番地93
  家屋番号 1375番93
  種類   居宅
  構造   木造スレート葺平家建
  床面積  78.95

所在地

長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字離山1375番93 区画番号癸隠械

住居表示

長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢字離山1375番93 区画番号癸隠械

交通、最寄駅など

JR(東日本) 北陸新幹線 軽井沢駅 北西方約2.3km

現況

「旧軽井沢離山別荘地」内に所在
対象物件1 対象物件2の敷地として使用
対象物件2 昭和57年ころ建築
       所有者が別荘として使用。ただし、所有者の申立てによれば20年以上利用していない。

その他事項

公売財産の売却決定は、最高価申込者に係る入札価額をもって行います。

土地の情報

建ぺい率(指定)

20%

容積率(指定)

20%

その他法令などの規制

第1種低層住居専用地域
日影規制(3時間−2時間)
土砂災害特別警戒区域
自然公園法第2種特別地域(上信越高原国立公園)
長野県景観条例(浅間山麓景観形成重点地域)
軽井沢町の自然保護のための土地利用行為の手続等に関する条例
軽井沢町の自然保護対策要綱
自然保護協定
都市計画公園(離山公園)計画決定区域

地勢など

北向き急傾斜地

幅員、接道状況

北側 幅員約6.2m舗装私道(建築基準法上の道路)
ほぼ等高〜約5m高位接面

建物の情報

その他建物に関する
物件情報

「五洋建設株式会社」あて管理委託
年額管理費 162,000円
年額水道使用料(基本料金相当) 13,348円
管理規約等の内容は、「公売公告・別紙3」(下記PDFファイル)のとおり。

ウッドデッキの一部は破損している。
維持管理の程度は劣っている。
対象物件は、「旧軽井沢離山別荘地」内に位置しており、当該別荘地内の道路等の施設利用及び水道供給を受けるために、当該別荘地の管理者と「別荘地利用・管理契約」を締結し、管理費及び水道使用料を負担する必要があります。

管理者:五洋建設株式会社不動産グループ
(東京都文京区後楽2丁目2番8号・03−3817−7588)

PDFファイル

見取り図

見取り図などのダウンロードはこちら(PDFファイル)

Adobe Readerダウンロード PDF文書をご覧いただくには、閲覧ソフトウエアのAdobe Reader(無料)が必要です。左のボタン画像をクリックし、手順に従ってインストールしてください。
※お使いのブラウザの種類、バージョンによっては、ページの最後まで正しく表示されない場合があります。
下見会について
動産、不動産、会員権のいずれも下見会は開催しません。

公売保証金の提供(納付)方法
クレジットカード(ヤフーとの保証契約)、または銀行振込に限ります。
・執行機関へ直接持参したり、現金書留等での郵送による納付はできません。
・公売保証金の納付方法については、次のとおり、公売保証金の額によって異なります。

 【注意】デビットカードで参加申し込みをされた場合、申し込み完了と同時に預金口座より保証金が引き落とされます。落札されなかった場合、引き落とされた保証金は入札期間終了日以降に預金口座に返還されます。返還日は金融機関により日数が異なりますので、ご利用になったデビットカードの会社に直接お問い合わせください。

【公売保証金が50万円以下の場合】
買受申込者とヤフー株式会社との間で、期限を定めず当該買受申込者の公売保証金に相当する現金を、東京国税局長(各税務署長)の催告により、ヤフー株式会社が納付する旨の契約が締結されたことを証する書面を提出する方法(以下「クレジット納付」という)。
〔注〕不動産の公売保証金についても、公売保証金が50万円以下の場合はクレジットを選択して下さい。
【公売保証金が50万円を超える場合】
振込により納付する方法、または上記の方法(クレジット納付)のいずれかを選択して下さい。

【銀行振込の場合】
執行機関(東京国税局)から必要な書類を郵送いたします。
提出期限 平成30年2月21日(水)17時00分(期限内必着でお願いします)

公売保証金の納付期限 (銀行振込の場合)
平成30年2月21日(水)14時00分(期限厳守でお願いします)
執行機関が期限までに保証金の納付(銀行振込)の確認ができない場合、参加申込みは認められません。

公売参加申込に必要な書類等
法人及び代理人が参加申込みを行う場合には、委任状、本人確認書類等の書面の提出が必要になりますのでご注意下さい。
提出期限 平成30年2月21日(水)17時00分(期限内必着でお願いします)

【必要書類】(参加申込のために必要な書類は、以下のとおりです)
 イ 買受申込者が法人の場合
   資格確認書類(商業登記簿謄本の写し等)及び法人代表者本人の本人確認書類となるマイナンバーの記載のない住民票の写し等

 ロ 買受申込者が個人の場合
   公売保証金がクレジット納付の場合は参加申込のための書類提出は必要ありませんが、公売保証金が振込の場合には本人確認書類(マイナンバーの記載のない住民票の写し等)が必要です。

 ハ 買受申込者が共同買受申込者の場合
    共同買受申込代表者の届出書(共同買受申込者が6名以上の場合は、共同買受申込代表者の届出書別紙)、共同買受申込者全員の本人確認書類、共同買受申込代表者を除く共同買受申込者全員の委任状

 二 買受申込手続を代理人が行う場合
    買受申込者本人及び代理人の本人確認書類並びに代理権限を明記した委任状等
    買受申込者が未成年者(民法753条該当者を除く)の場合は、親権者の同意書(代理人が親権者の場合は不要)及び親権を証明できる書類である戸籍謄本写し

落札者の決定
東京国税局からの落札者の正式な決定(最高価申込者の決定)は、平成30年2月28日(水)午前10時に、国税庁ホームページ「公売情報」(http://www.koubai.nta.go.jp/auctionx/public/hp001.php)において告知します。
なお、落札者の方に対する、事後の手続については以下のとおりです。
 ○東京国税局の公売財産
   執行機関(東京国税局)の公売財産を落札した方には、平成30年3月1日(木)以降に権利移転(引渡し)に必要な書類を郵送いたします。

最高価申込者決定の告知
カナ氏名を国税庁ホームページ「公売情報」に掲載します。
最高価申込者決定の告知の時期は、買受申込期限とは相違します。

買受代金の納付について
銀行振込による納付に限ります(期限厳守でお願いします)。
クレジットカードにより公売保証金を提供した方は、「充当」の申出ができません。
買受代金の全額を期限までに一括で納付(銀行振込)していただくことになります(振込手数料は買受人負担となります)。

物件の引渡し等について
国(東京国税局)は、瑕疵担保責任を負いません。
また、いかなる理由があっても引渡した物件の返品及び苦情等は受け付けません。


【動産等の場合】
買受代金納付後に現況有姿で引渡します。
直接引渡しを受けるか配送による引渡しとなります。
配送による引渡しの場合、官公庁オークションサイトの「配送情報の入力」画面に必要な情報を入力してください。運送費用等は買受人の負担となります。
滞納者等が保管している場合は、買受代金の納付後に交付する売却決定通知書を保管者に提示して直接引渡しを受けて下さい。保管者が引渡しを拒否しても、国は引渡しの義務は負いません。

【不動産の場合】
1 公売財産については、あらかじめその現況及び関係公簿等を確認してください。
2 公売財産に隠れた瑕疵(かし)があっても、執行機関(国)は、担保責任を負いません。
3 執行機関(国)は、公売財産の引渡し義務を負わないため、使用者又は占有者に対して明渡しを求める場合や不動産内にある動産の処理などはすべて買受人の責任において行うことになります。
4 土地の境界については隣接地所有者と、接面道路(私道)の利用については道路所有者とそれぞれ協議してください。
5 土壌汚染やアスベストなどに関する専門的な調査は行っておりません。

一括換価について
売却区分番号内に複数の財産(財産が1つで所有者を異にする場合を含む)があるものについては、国税徴収法第89条第3項の規定に基づき、一括換価の方法により公売を行います。




物件に関するお問い合わせ先

東京国税局  徴収部 特別整理総括第二課

電話:03-3542-2111 (内線 3304/3305) 受付時間:平日午前9時から午後5時まで