官公庁オークション > 官公庁オークションプレス

官公庁オークションとは

インターネット公売や公有財産売却など、各行政機関による行政手続きの一部をインターネット上で実施するサービスです。

官公庁オークションを見る



Yahoo!サービス

初めて参加される方へ

お問い合わせ

【物件や手続きに関してのお問い合わせ】
実施行政機関へ直接お問い合わせください。連絡先は各行政機関のページでご確認ください。

【官公庁オークション利用方法のお問い合わせ】
お問い合わせフォーム


出品物を探す
キーワード:
金額範囲:
円以上 円以下

あなたも公売に参加してみませんか?

官公庁オークション 入門ガイド

〜動産編〜

官公庁オークションでは、美術品や宝飾品、ブランド物や生活家電など、あらゆるジャンルの物件が出品中! なかには驚くようなレア物も! さあ、いますぐ物件を見てみよう!

※ここに掲載されているすべての情報は一般的な公売の手続きです。公売の手続きは出品自治体によって異なりますので、必ずご自身でご確認ください。

いますぐ官公庁オークションを見たい人はコチラ!

官公庁オークションを見る

落札後の手続きはカンタン!

落札したけど、その後の手続きはどうしたらいい? 出品自治体からはどうやって連絡が来るの? そんな不安を一気に解消! 落札後の手続きは難しくありません。さっそく官公庁オークションにチャレンジしてみましょう。

最高額入札者

行政機関

1 落札者決定通知 落札後の手続きの説明

2 買受代金 必要な書類の提出

3 物件の引き渡し

1
開札日に最高額入札者へ行政機関から電話、メール、郵便などで落札者決定通知が届く。その後、行政機関と連絡をとり、今後の手続きについての説明を受ける。
2
行政機関から指定された期日までに買受代金を納付する。また、必要な書類など(※)の提出を行う。
3
自治体から物件の引き渡しが行われる。

※必要書類などの例
・出品自治体から落札者(最高額入札者)へ送信したメールを印刷したもの
・保管依頼書(買受代金納付時に物件の引き渡しを受けない場合)
・送付依頼書(送付による物件の引き渡しを希望する場合)

こんなときどうする?

Q 物件を実際に見られるの?

A 下見会が開催されている場合があります。物件詳細ページに下見会の開催について案内がある場合は、その案内に従ってください。下見会についての記載がなければ、出品自治体にご相談ください。

Q 次の官公庁オークションで、どんなものが出品されるのか事前に知りたいんだけど……

A 参加申し込み開始日時までは、物件情報については公開できません。参加申し込みが開始されるまで、楽しみにお待ちください。

Q 入札する前に、物件の送料を知りたい! いくらかかるの?

A 物件詳細ページに送料についての記載がなければ、配送方法は落札者が決められます。その場合はご希望の運送業者の料金をご確認のうえ、ご自身でお見積もりください。また、こん包方法やその料金については、出品自治体に確認してください。

Q 落札した品物が届いたら、壊れていた! 配送途中の事故みたいだけど、代金は返してもらえる?

A 落札者が出品自治体に買受代金を納付した時点から、危険負担は落札者に移転します。その後に破損や盗難などで損害が発生した場合、落札者が負うことになります。配送途中の事故の補償については、落札者と配送業者との話し合いになります。

Q 落札したけど、キャンセルしたい……どうしたらいい?

A キャンセルは一切できません。買受代金を支払わなかった場合、公売保証金は没収されます。また、今後二年間インターネット公売に参加できなくなる場合があります。