官公庁オークション > 官公庁オークションプレス

官公庁オークションとは

インターネット公売や公有財産売却など、各行政機関による行政手続きの一部をインターネット上で実施するサービスです。

官公庁オークションを見る



Yahoo!サービス

初めて参加される方へ

お問い合わせ

【物件や手続きに関してのお問い合わせ】
実施行政機関へ直接お問い合わせください。連絡先は各行政機関のページでご確認ください。

【官公庁オークション利用方法のお問い合わせ】
お問い合わせフォーム


出品物を探す
キーワード:
金額範囲:
円以上 円以下
公売の裏話

「直撃! 捜索の実態」 元東京都職員が語る滞納処分の実態


堀 博晴さん 堀 博晴(元東京都職員)
1947年東京都生まれ。中央大学法学部卒。
1967年東京都入庁。
1996年から東京都で滞納整理事務に携わる。
2002年東京都主税局徴収部機動整理課長(インターネット公売考案、実施)就任。
2005年東京都退職。
滞納整理では「逃げない、引かない、おどろかない」をモットーに果敢な滞納整理を実行。
著書『インターネット公売のすべて 徴収率アップの決め手!』


捜索の実態

インターネット公売では税金などを滞納した滞納者の財産を売却しています。税金を滞納したらどうなるの? 差押ってどういうふうに行っているの? 滞納から差押に至るまでの、気になる疑問にお答えします!



捜索ってどうやっているの?

滞納者の財産調査や身辺調査をしても、財産を発見できない場合、財産を隠し持っている場合などは、徴収担当職員は、滞納者の自宅や事業所を「捜索」できます。 捜索はどのように行われているのでしょうか?

いつ? 捜索する時間は? どこで? 捜索する場所は? だれが? 立会人ってだれ?
もっと詳しく

捜索の現場では何が行われているの?

捜索準備
立会人や開錠業者の手配など、捜索に行く前に入念な準備を行います。具体的にどんな準備をしているのでしょうか?
もっと詳しく
いざ捜索!
いよいよ捜索へ! どんなところを探して、見つかった財産はどのようにしているのでしょうか?
もっと詳しく


堀 博晴さん
捜索の際に差押をするかは、差押財産の換価価値で判断します。以前は差し押さえた財産が売れるかどうか現場で悩むことがありましたが、インターネット公売導入により、いままで売りにくかった財産が売却できるようになり、差押禁止財産以外は「何でも持ってくる」という姿勢に変化しつつあります。インターネット公売は差押財産の換価価値の見方を大きく変えました!



出品中物件をチェック!

今すぐ参加する

インターネット公売は事前に参加申し込みが必要です。